RED

ご機嫌よう。ジョーブログです。この小さな小さなブログの公開範囲を広げてしまった。これでまずいことはもう書けないわけだ。前回の投稿は消した。見た人は忘れてくれ。反省。このブログは僕の知ってる音楽をみんなにも教えたいという理由から始まった。音楽好きだから。しかし現状はライブの思い出とか朕の心の中のこととか色々書いてしまっている。日記みたいになっている部分もある。申し訳ない。思ったより文字を打つことは冷静になれるのだ。これをたまたま見た太陽キャラクター略して陽キャに影で笑われようとも別に構わない。広げるにあたってそんなこともあるだろうけど続けていくことは決めている。特に続けることに意味は見出せてないが。残☆念。朕は最近不登校気味だから今のうちに書いておけることは書いておこうかなと思う。前回の終わりに次は去年のベスト10なんて書いたがまだまとまっていません。なので去年のライブの思い出なんかでも綴ろうかしら。前置き終わり。

さて本文。去年、12/1にRED LINEというライブに友人3人と行かせて貰った。いや非常に楽しかったものだ。このライブに行きたいとおもったのは同じく去年の6/8、福岡CBでみたRED LINE TOURに行ったからである。最初はハルカミライが来るから、という理由で行くことを決めた訳だが、行ってみたらどうだ、素晴らしい空間と素晴らしいバンドが揃い踏みであった。またこの空間を味わいたい!なんて思いわざわざ千葉までのライブに行くことを決めたのだ。その時と同じ友人2人と更に1人、誘ったらノリノリで行く!の二つ返事だった。嬉しい。行きの車ではBiSHを熱唱。出らん出らん。あと車出してくれてありがとう。その日は謎の咳に襲われ一睡もできなかった訳だが、そのおかげで寝坊もしなかった。そのせいもあって行きの飛行機では寝てたけど(ここも飛行機の予約とかありがとう、なんもせんでごめん)。会場に着けばすごい人だった。ほぼフェスだ。ていうかフェスだ。が、しかし、フロアはもうライブハウスだった。この日のラインナップというのが最近若者に人気のFOMAREとかハルカミライとかのバンドと、ライブハウス主軸の少しアングラなcrystal lakeとかcountry yardとかのバンドが半々という感じだった。そりゃあカオスで空気も異様。年齢もおじさんからギャルまでいた。皆好きなバンドを好きなように楽しみ、初めて見たバンドにも馬鹿にすることなく大きく手を挙げていたのが印象深かった。ここが普通のフェスなんかと違ったバンド縛り感があった感じだ。物販でグッズを買ったがハルカミライのグッズの列は異常すぎてそれは諦めた。その後にバンTを変えなかった友人に着ていたものを貸して僕はkotoriを着用。各々好きなバンドを身に備え、準備万端だ。f:id:rokum:20200124054703j:plainそして待ちに待ったkotoriのステージというのがセンターステージで、ステージ名がCHAOS STAGE。f:id:rokum:20200124054829j:plainオイオイ、とツッコミたくなるが、そのステージ名が完全に間違いなくライブが行われた。始まる前には4人揃っていたのに1曲目のイントロでほぼバラバラになった。こんなことある?とおもったがkotoriも熱がハチャメチャ、地球温暖化の原因ここ?くらいこもっていて、いやもう、それはそれは最高だった。ダイバーの波、ステダイの波、途中で将棋倒しになり少し演奏が中止されたが、それでも気合い留まること無し。この日のkotoriは本当に敵無しだった。最強とはこの日のために作られた2文字だろう。こんなにも大きな声で歌うのはライブハウス以外ないだろうと思ったが幕張メッセで喉が裂けるくらい歌った。誰1人、演者の声が聞きたい!なんて言う人はいなくて、ていうかみんな死ぬほど歌ってて。拳を挙げて。ああここに来て良かったなあと実感に実感を重ね実感。途中で靴が脱げて、MC中に前の方に僕の靴が見えたので、あれ俺の靴!なんて一人で言ってたら周りの人がその靴回してー!なんてみんなで言ってくれるもんだから靴がダイブして戻ってきた。拍手された。恥ずかしいけど周りの人の温かさにすごく感動した。ごめんね戻してる時臭かったら。こんなすごいライブをみたらやっぱりビールが飲みたくなるもんで、バラバラになった友人と連絡を取りつつ、乾杯した。最高だ。ライブがつまみの酒と煙草は本当に最高だ。大人の特権だろう。ムフフ。このあとのどのバンドも全部最高だった。トップバッターに相応しいFOMARE、ステージから楽器を投げる難波さんも見れて、美しい演奏のyonige、MDMA発言の椎木さん、1分間で4曲するヘイスミ、入場規制になったクリープを、外で煙草を吸いながら聴くのもなかなかなもんだった。ハルカミライは残念ながら頭少ししか見れなかったが、それは5月にリベンジするし、なによりまたあの空間と同等のものを味わえたことが最高に嬉しかった。この後に4人で食べた牛丼も味覚壊れたか、くらい美味しく感じた。このライブに行って、バンドをみて、僕はバンドがしたい、と思った。と同時に元気を与える存在になりたい、とも思った。ここで貰った元気と勇気を独り占めするのは勿体ない。貰ったものは自分を通して還元していくべきなんじゃないかと感じた。今、それが出来ているか?全く出来ていない。むしろ人に迷惑をかけまくっている。今の自分は自分でも許容外だ。少しずつでいいから自分を変えていかねば。いつまでも縮こまってはいられない。もう少し待ってくれ。変わる。

この日一緒にわざわざ千葉に行ってくれた3人。ありがとう。バンドの話で盛り上がれる4人やから味わえた特別感もあった。僕には一生の思い出だ。飛行機のチケットとか丸投げしててごめん。次回は僕が予約します。車出しも。早く免許取ります。振り返るには遅い去年の思い出です。終わり。おやすみ。f:id:rokum:20200124055421j:plain